「B. コロガシ競馬必勝法」のアーカイブ

「B. コロガシ競馬必勝法」のアーカイブ

伝説の複勝馬券必勝法「金丸法」(後編)

●金丸法解説
競馬必勝法の中でも金丸法は、的中率の高い復勝に目をつけた珍しい投資法です。
順調にコロガシが成功し、50レースもやれば資金は約10倍にも膨れ上がります。
1,000円単位で始めれば、13,000円が13万円になる計算です。
また、JRAの掛け金払い戻しは、単勝、復勝80%、その他の馬券は75%で合
うことを考えると復勝馬券に目をつけた金丸法は理にかなった競馬必勝法といえ
るでしょう。
●金丸法の弱点
金丸法の弱点は、複勝馬券の払戻額の低さにあります。
金丸法のルール、
1、狙うレースは、荒れる要素の少ないグレードレースの本命複勝馬券
2、1番から3番人気馬の中から1頭を選ぶ(100円元返しの馬券は対象外)
これを守っていると、配当150円以下の場合がかなりあり、的中してもジリ貧と
いう展開がままあります。
開発者の金丸氏が活躍した昭和40年代は、複勝馬券も人気があり、オッズも割れ
たのかもしれませんが、現在の複勝馬券では厳格なルールの適用は難しい傾向にあ
ります。
●金丸法の応用
厳密な競馬必勝法としての金丸法は複勝馬券が対象ですが、予想者の的中率が高く、
また、平均配当が1.5倍以上であれば復勝以外の馬券にも応用可能です。
つまり、馬連10点買いしようが、馬単20点買いしようが、3連敗せずなおかつ
回収率が150%以上であれば転がりつづけるのです。
現在は馬券種が豊富です。
単勝、複勝、枠連、馬連、馬単、ワイド、3連単いずれかの馬券種で3連敗せず
(的中率33%以上)、かつ的中時の平均配当が150%以上という予想力のある
人が金丸法を応用して利用すれば、最強の競馬必勝法開発の近道になるのではない
かと思います。

伝説の複勝馬券必勝法「金丸法」(前編)

金丸法は、昭和40年代後半に一世を風靡した複勝コロガシ競馬必勝法で、
その名の通り金丸という人が考案したも必勝法です。
よく当たって儲けられるということで、当時彼はテレビにレギュラー出演して話題
になりました。
金丸法は、複勝人気の低迷とともに全く利用者のいなかった競馬必勝法ですが、数年前
私が開設していたサイト「競馬投資法データベース」で紹介され、再び脚光を浴びるようになりました。
(現在は閉鎖中)

●やり方
複勝を3回連続は外さないという複勝に絶対の自信を持つ方向けの競馬必勝法です。
1、狙うレースは、荒れる要素の少ないグレードレースの本命複勝馬券
2、1番から3番人気馬の中から1頭を選びます(ただし、100円元返しの馬券
は対象外)
3、最初のレースは1単位を賭け、不的中なら次はその3倍、またハズレならその
3倍を賭けます
まず資金を13分割し、数列「1:3:9」の割合で資金配分します。
的中した際には配当を元資金に加え、増えた資金を再び13分割して、また最初の
単位に戻って投資します。
例えば、予算13,000円と仮定すと、「1:3:9」の割合で配分し、
「1,000円、3,000円、9,000円」
と資金配分されます。
このとき、予想が××○、配当200円であった場合、的中後の手持ちは18,000円
になります。
この18,000円を再度13等分し、「1:3:9」の割合で配分し、
「1,400円、4,200円、12,400円」
で再び勝負するのです。
これを繰り返すことによって、3回連続不適中にならず、また、配当が1.5倍以
上であれば転がり続けることとなります。
金丸法は、安全性えて複勝という馬券を選びながら、コロガシという攻撃的な戦略をとる、
バランスの取れた競馬必勝法ということができます。

資金をプールするコロガシ競馬必勝法イーストコーストプログレッション(後編)

●イーストコーストプログレッション法の弱点
逆マーチンゲール法(ころがし)は、連勝時に利益が2倍ずつ増えていく競馬必勝法
ですが、イーストコーストプログレッションではプール分が引かれるので増え方が少なくな
ってしまう競馬必勝法です。

しかし逆に言えば、
「連勝時に負けたときも利益が残るので、リスクヘッジになっている」
というのは特筆すべきところです。

今まで追い上げ系競馬必勝法、コロガシ系競馬必勝法といろいろな競馬必勝法を紹介し
てきましたが、資金をプールするという概念はありませんでした。










こちらの記事は会員登録していただくことでご覧いただけます。詳しくはこちらをご覧ください。
>> ログインする
>> 会員登録をする

資金をプールするコロガシ競馬必勝法イーストコーストプログレッション(前編)

イーストコーストプログレッションは、続けて負けるときは損害を少なくし、続け
て勝つときは大きく勝つことを目的とした一種のマネーマネジメント法です。




















こちらの記事は会員登録していただくことでご覧いただけます。詳しくはこちらをご覧ください。
>> ログインする
>> 会員登録をする

超ディフェンシブなコロガシ戦略「バーネット法」まとめ

さて、超ディフェンシブなコロガシ競馬必勝法「バーネット法」についてのまとめです。










こちらの記事は会員登録していただくことでご覧いただけます。詳しくはこちらをご覧ください。
>> ログインする
>> 会員登録をする

超ディフェンシブなコロガシ戦略「バーネット法」1

バーネット法は、別名「1326」法とも言われ、別名「1235」法のグッドマ
ン法に大変良く似ています。
バーネット法は、勝ち続けた時に「1,3,2,6」と賭けます。
バーネット法は、ルーレットの赤黒ベット、ブラックジャック、バカラ、クラップ
スなどのイーブンベットで使われることを目的に生み出されたマネーマネジメント
システムで、始めに1賭けて勝ったら3、2、6と賭けて行く競馬必勝法です。
6で勝った場合は、また最初に戻り1から賭けていきます。
負けた場合はその時点で1に戻って再度同じように賭けていきます。
配当が100円スタートで配当200円の場合。
1回目に負けた場合は-100円。
2回目に負けた場合はトータルで-200円。
3回目に負けた場合はトータルで+200円。
4回目で負けたら±0円となります。
すべて勝った場合は+1200円となります。
つまり、この方法は2連勝さえすれば、その後はどこで負けてもトータルではプラス
になります。
負けた場合はそれほどリスクもないですが、勝った場合でも大きい利益が取れるわ
けではないというのが利点でもあり弱点でもあります。
この競馬必勝法ですと2連勝と4連勝が多い場合は儲けが増えていく仕組みになりま
す。

開眼をもたらす転がし系競馬必勝法「グッドマン法」2

●グッドマン法(1235法)の弱点
グッドマン法は非常に攻撃的なコロガシ系競馬必勝法の中でも、ディフェンシブな
戦略ですので、勝っても負けてもジリ貧になる可能性があります。

ただしリスクは減らすことができますので大負けをすることは考えられないでしょう。
じっくり競馬を楽しんでゆきたいという人にはおすすめです。

損切りラインや勝ち逃げラインを決めておけば一日の勝ち金、負け金が非常に読み
やすい戦略ともいえます。














こちらの記事は会員登録していただくことでご覧いただけます。詳しくはこちらをご覧ください。
>> ログインする
>> 会員登録をする

開眼をもたらす転がし系競馬必勝法「グッドマン法」1

●やり方及び特徴
このシステムは「1235法」とも呼ばれ、掛け金を連勝した場合に
「1、2、3、5、5、5、5・・・」
と賭けていきます。

勝ち続けた場合でも5が最大の賭け額です。













こちらの記事は会員登録していただくことでご覧いただけます。詳しくはこちらをご覧ください。
>> ログインする
>> 会員登録をする

コロガシ系競馬必勝法の基本「パーレイ法」4

●パーレイ法の視点とヒント
パーレイ法(コロガシ)についてよくよく考え、悩み抜くとギャンブルに勝つため
の大きな視点を我々に与えてくれます。






















こちらの記事は会員登録していただくことでご覧いただけます。詳しくはこちらをご覧ください。
>> ログインする
>> 会員登録をする

コロガシ系競馬必勝法の基本「パーレイ法」3

●パーレイ法の問題点その1「やめ時の難しさ」
まず、単純な確率論から、的中率50%の勝率でも7回連続で勝つ確率は1%もあ
りません。
それ以上となるとほとんどゼロに近くなっていきます。

また、理論上(あくまで机上での話です)競馬の場合、配当は変動オッズですから
非常に大きな金額を賭けると自分でオッズを下げるという可能性があります。

もちろん、人気のある馬連や馬複の場合は、大きな額をかけてもオッズが大きく変
動することがないと思いますが、複勝などの不人気馬券種ではオッズが大きく変わ
る可能性もないことはありません。

このように、パーレイ法は、無限に続けることができない競馬必勝法です。
つまり、一番の問題は、どこでゲームを止めるかというタイミングの難しさにあり
ます。

勝負とは、勝つ時もあれば負ける時もあります。
そして、競馬に絶対はありません。

どんなに勝つ確率が高くとも
負ける時はいとも簡単に負けてしまうものです。

追い上げ系競馬必勝法の場合、勝った時にセット終了などと投資の終了時点がはっ
きりしています。

しかし、パーレイ法の場合はその投資を終了するタイミングが非常に難しいのです。
連勝を続ける限り利益は膨らんでいきます。

しかし、苦労して連勝し、膨らんだ利益もたった1回の負けでマイナスとなってし
まいます。

いかに勝っているうちに勝負を終了するかがこの競馬必勝法のカギになります。