「D1. 私の競馬必勝法」のアーカイブ

「D1. 私の競馬必勝法」のアーカイブ

私の競馬必勝法13【あとがき】

【挑戦者求む!】
3ヶ月ほど更新が開いてしまいました。
更新期間が空いた理由は、情報商材の広告願いへの対応です。

7月のある日、問い合わせのメールが届きました。

以下メール文の要約——————————————————————–
初めまして、私、■■■■と申します。
突然のメール失礼致します。
この度、御サイトへの広告掲載を熱望されている弊社クライアント様が多数お
りますので、空広告枠が御座いましたら是非、御サイト様をご提案させて頂き
たく存じます。
お手数ですが御社媒体の掲載料金と掲載枠状況を教えて頂けないでしょうか。
宜しくお願い致します。
——————————————————————-

この後色々メールのやりとりを行ったところ、なんでも月20万~30万で当サ
イトに広告を貼ってもらいたいとのこと。
大変良い話なのですが、競馬というデリケートな分野である以上、詐欺まがい
の商品を宣伝するわけにもいかないので、交渉の結果実際の商品である情報
商材をモニター使用することが出来ることとなりました。

そしてこの検証作業に3ヶ月を費やしました。
この3ヶ月間「弊社クライアント様」の商品をいくつかモニター利用してみた
のですが、正直セールスページの内容は誇大広告という印象を受けました。

確かに、数週間や1ヶ月といった短いスパンで考えれば的中率■■%!回収
率■■■%!といった好成績なのですが、3ヶ月という中期的な期間ではイマ
イチな成績です。
恐らく、1年から3年といった長期的なスパンでは凡庸な成績に落ち着くので
はないかと思います。

私の提唱する「新金丸法」で運用すればプラス計上することもできないことは
ないのですが、無料で利用できるオッズや格安のJRA-VANネクストを上回る成
果を上げることが出来るかといわれると微妙です。
よって、セールスページの成績を実際確認することが出来ないとして丁重に
広告掲載をお断りしました。

私は、経験上競馬必勝法関連の情報商材に「当たり」はあまりないと考えてい
ますが、もし、オッズやJRA-VANネクストを上回る予想術であれば利用に値し
ますので、競馬必勝法の情報商材を販売しておられる方で、

我こそは!
という情報商材の販売者がおられれば右の【問い合わせ】よりご連絡下さい。

【私の競馬必勝法:あとがき】

私の競馬必勝法「新金丸法」はいかがだったでしょうか?
当サイトの「金丸法」の
説明の項で、金丸法をネットで紹介したのは「ONOMANさん」と書きましたが、
なにを隠そうONOMANというのは私です(笑)

今でこそ「金丸法」で検索すると数百件ヒットしますが、6,7年前は競馬必勝法
に関する本などで多少取り上げられる程度でほとんど無名の競馬必勝法でした。
当時「競馬投資法データベース」というサイトを作っていた私は、

的中率の高い複勝馬券を使う
ローリスクハイリターンな転がしを使う

という特徴を持つ金丸法の競馬必勝法としての可能性を感じ、金丸法研究に
没頭しました。
今回紹介した私の競馬必勝法「新金丸法」は、この数年間の金丸法研究の
集大成と言って良いでしょう。
もし改善する点があるとすれば、オッズやJRA-VANネクストを上回る的中率、
的中時平均配当を実現する「予想力」を得ることです。

私は、新金丸法こそ競馬を楽しみながら儲けることも出来る最強の競馬必勝法
であると考えています。

なぜなら、自分の予想で勝負することが出来る競馬必勝法だからです。
私は、予想家の優先順位として、
1位 オッズ
2位 JRA-VANネクスト
3位 新聞のTM
4位 自分の予想
としましたが、自分の予想が1位であるのが理想です。

オッズやJRA-VANネクストを上回る成績の予想力を得ること。
これが目下の最大の目標でもあります。
あなたが日頃馬連などで勝負しており、その軸馬に絶対の自信があるようでし
たらぜひ複勝の予想成績を調べてみて下さい。
あなたはすでに、自分の予想を利用して新金丸法で運用する、私の理想とする
状態にあるかもしれません。

【今後のサイト運営について】

当サイトを見て何かおかしな点に気づきませんか?
それは、馬名が一切登場しないということです。
私は、競馬で儲けるに当たり、固定観念ほど怖いものはないと考えています。
■■■はダービー馬だから強いといったイメージが出来てしまうと、機械的に他
の馬に投資することが出来なくなってしまいます。
よって、競馬必勝法の運用に妨げとなる馬単体の情報は載せないようにしてい
ます。

今後もこの考えは貫き、馬単体の情報やレースの回顧などは行わず、オッズと
JRA-VANを利用した「新金丸法」の運用結果、オッズやJRA-VANネクストを超え
る勝ち馬予想術などを載せてゆきたいと思います。
競馬のブログとしては極めて希とは思いますが(笑)

私の競馬必勝法12【まとめ】

これまで私の競馬必勝法について解説してきましたが、最後に少し細かいルール
について解説します。



































クリックで拡大































クリックで拡大


























































































こちらの記事は会員登録していただくことでご覧いただけます。詳しくはこちらをご覧ください。
>> ログインする
>> 会員登録をする

私の競馬必勝法11【最強の戦術】

前回、的中時平均配当が150円未満にならないための方策として、単勝2番
人気を複勝予想の軸とすることにより、自然と的中時平均配当が150円以上
になるということをお話ししました。

しかし、これは大枠の話であって、例えば、
単勝2番人気馬であってもオッズが150円未満の場合は当然ありますし、単
勝1番人気馬を購入する場面も多々あります。

複勝という馬券種を選ぶ以上、複勝オッズ110円、最悪100円払い戻しと
いう場面も多いものです。
そこで、「最強の戦術」についてお話しする前に「オッズが150円未満の場
合の対策術」についてもう少し深く解説したいと思います。

【オッズが150円未満の場合の対策術】

























<その1>






<その2>





































cya-to.JPG











































こちらの記事は会員登録していただくことでご覧いただけます。詳しくはこちらをご覧ください。
>> ログインする
>> 会員登録をする

私の競馬必勝法10【[各論]オッズを使う】

今日あなたにお話しすることは、私の戦術における最重要ポイントです。
私の競馬必勝法における奥義とも言える段ですので、少し分かりにくいかもし
れませんが我慢して読み進めて下さい。
【金丸法の問題点】
私の競馬必勝法において、戦術レベルにおける最大の問題点は、
前々回の「JRA-VANを使う」で書きました
的中時平均配当は150円をクリアするものの、配当150円以下の的中も多
い。
という点です。
下記の表は、前回書きました競馬ブックの優秀な予想家をピックUPしたもの
です。

ご覧のように、競馬ブック関谷さんの◎は、的中率50%、的中時平均配当1
75円で、一見金丸法で必要とする予想力を持っているように見えます。
しかし、問題は的中時平均配当で、12Rの420円が平均値を大きく上げる
のに貢献しており、その他の的中は150円以下のレースがほとんどです。
競馬新聞のトラックマンによる予想は、当然ながらオッズを見て予想している
わけではなく、予想結果が断然の1番人気であったり、穴馬であったり、その
的中時平均配当は様々です。
これは、関谷さんに限った話ではなく、その他の競馬新聞予想家、また、あな
たも直面する問題かもしれず、的中時平均配当の維持は金丸法で資金を運用す
る場合の最大のネックと言って良いでしょう。
そこで、今回この問題を解決するための方策について解説してゆきます。
【最強の予想家】
オッズを使った競馬理論本には必ず、
「オッズは予想家の英知を集積した最強の予想だ」
などと書いてあります。
しかし、このような考えは全くの誤りで、オッズは最強の予想でも何でもあり
ません。
なぜなら、ほとんどの人がはずれる競馬においてオッズは、
「外れる予想家」の英知の集積
に過ぎないからです。
では、オッズは全く利用価値がないのか?
いいえ、オッズは最強の予想家の一人です。
といっても、インサイダー情報によるオッズの異常投票を見つけて勝ち馬を予
想するなどという根拠のないカルトな競馬理論を展開するつもりはありません。
オッズを利用する最大のポイントは、このようなアホな考え方に基づくオッズ
理論ではなく、
・状況の変化に合わせてリアルタイムに変化する予想指標である。
・的中率、的中時平均配当が最も安定している予想である
という2点にあります。
よく、「予想時間たったの●分!前日の競馬新聞で勝ち馬が分かる!」などと
いう競馬情報商材がありますが、こうゆうのは翌日の天候が変化したときどう
対処するのでしょうか。
また、騎手が乗り変わったときどう対処するのかも不思議です。
その点、オッズは状況の変化にリアルタイムに対応する予想指標の一つです。
この辺は商品先物取引における市場価格に似ています。
また、長期的に見てオッズは、1番人気の的中率が2番人気より下ということ
はなく、的中時の配当が1番人気より2番人気の方が低いということもあり得
ません。
実に安定した成績を残しているのがオッズなのです。
これまで私がとってきたデータでは、単勝オッズの人気上位3頭の複勝的中率
は30%以上です。
短期的には多少の波はあるかと思いますが、長期的には今後も安定的にこの的
中率を維持することでしょう。
また、的中時平均配当についても安定しており、
単勝1番人気馬の複勝払い戻しは100円から150円
単勝2番人気馬の複勝払い戻しは150円から200円
単勝3番人気馬の複勝払い戻しは180円から250円
あたりに収まります。
では、これを踏まえて、単勝人気上位3頭のうち最も的中率が高く、それでい
て的中時平均配当150円以上という金丸法の基準を満たす予想はどれでしょ
うか?
・・・
そうです、単勝2番人気です。
単勝2番人気こそ、複勝の的中率、的中時平均配当が最も安定している最強の
予想家と言えるのです。
インサイダー情報によるオッズの異常投票を見つけようと必死になる必要など
全くないのです。
「単勝2番人気を複勝で買う」
これだけです(笑)
単勝2番人気を軸に複勝予想を展開することにより自然と的中時平均配当150円
未満というレースが減ってゆきます。
【予想家の順位付け】
ここまで各論において多くの予想家を見てきました。
・あなた
・JRA-VAN NEXT
・新聞のトラックマン
・オッズ
この中から最も的中確率の高い予想家の印で金丸法の勝負をすることになりま
す。
ここで問題となるのが、予想家の取捨です。
例えば、強者の戦術をとった場合、3連敗中の予想家を選ぶわけですが、3連
敗中の予想家が多数いた場合の予想の取捨が問題となります。
そこで、この出そろった予想家について、的中率や的中時平均配当、信頼度な
どを考慮して優先順位を決めます。
ここら辺はそれぞれ採用した新聞などが異なるため人それぞれかと思いますが、
私は、下記の順番が最も効率の良い順序と考えています。
オッズ単勝人気2位
オッズ単勝人気1位
オッズ単勝人気3位
JRA-VAN NEXTデータマイニング予想1位
JRA-VAN NEXTデータマイニング予想2位
JRA-VAN NEXTデータマイニング予想3位
最低1ヶ月的中率、的中時平均配当を調査した上で厳選した新聞TM予想
最低1ヶ月的中率、的中時平均配当を調査した上でのあなたの予想
前回までの、
【あなたの予想を使う】
【競馬新聞を使う】
の段では、説明上これら予想家をオッズやデータマイニングと同格の予想家と
して解説しましたが、実は私にとってこれらの格付けはかなり下です。
私は長年調べた結果、普段新聞TM予想は枠連の相手探しにのみ使っています。
(詳細は後日解説)
また、私自身は予想をしません。
ただし、もしあなたが1ヶ月以上かけて調べた自分の予想力や新聞TMの予想力がオ
ッズやデータマイニングよりも信頼度が高いと感じたならば順位を変えてもOKです。
逆に、的中率、的中時平均配当を調べる時間のない人は、新聞TM予想、あな
たの予想は無くてもOKです。
以上を踏まえて、
強者の戦術を利用する場合、上記の順番で3連敗中の予想家を探します。
弱者の戦術を利用する場合、上記の順番で5連敗中の予想家を探します。
では、具体的に解説してゆきます。
前回同様、
予算・・・10万円
戦略・・・強者の戦略
戦術・・・強者の戦術
という仮定で戦うとします。
まず資金を「1:2:4」に配分
歩兵 :14300円
騎馬隊:28600円
本隊 :57100円
歩兵14300円を金丸法で運用。
資金をさらに「1:3:9」に配分。
1100円:3300円:9900円
よって、金丸法の1回目1100円で勝負スタートです。
下記表は、先週6月28日のオッズ上位人気とデータマイニング予想を使った
結果一覧です。
クリックで拡大
前回解説したとおり、6月28日土曜日は1Rのデータマイニング予想3位を
購入することから戦いがスタートしました。
6月28日(土)福島競馬場
1R
前週7連敗中のデータマイニング予想3位を購入。
結果的中 配当210円
1100円→2310円
15510円を「1:3:9」に配分。
1200円:3600円:10710円
次は金丸法の1回目1200円で勝負
2R
前週から3連敗中のデータマイニング予想2位を購入。
結果はずれ
次は金丸法の2回目3600円で勝負
3R
4連敗中のデータマイニング予想2位を購入。
結果的中 配当180円
3600円→6480円
17190円を「1:3:9」に配分。
1300円:3900円:11990
次は金丸法の1回目1300円で勝負。
4R
前週から4連敗中のオッズ1番人気を購入。
結果的中 配当110円
1300円→1430円
17320円を「1:3:9」に配分。
1300円:3900円:12120円
次は金丸法の1回目1300円で勝負。
5R
3連敗中のデータマイニング予想3位を購入。
結果的中 配当160円
1300円→2080円
18100円を「1:3:9」に配分。
1400円:4200:12500
次は金丸法の1回目1400円で勝負。
6R
3連敗以上の予想無し、見送り。
7R
3連敗中のデータマイニング予想2位を購入。
結果的中 配当150円
1400円→2100円
18800円を「1:3:9」に配分。
1400円:4200円:13200円
次は金丸法の1回目1400円で勝負。
8R
3連敗中のオッズ3番人気を購入。
結果的中 配当200円
1400円→2800円
20200円を「1:3:9」に配分。
1600円:4800円:13800円
次は金丸法の1回目1600円で勝負。
9R
3連敗中のデータマイニング予想1位を購入。
結果はずれ
次は金丸法の2回目4800円で勝負。
10R
4連敗中のデータマイニング予想1位を購入。
結果的中 配当160円
4800円→7680円
21480円を「1:3:9」に配分。
1700円:5100円:14680円
次は金丸法の1回目1700円で勝負。
11R
3連敗中の予想無し、見送り
12R
3連敗中の予想無し、見送り
12R終了時点でオッズ3番人気が3連敗中。
よって、翌日6月29日(日)はオッズ3番人気から合戦スタート。
下記は6月29日(日)の一覧表です。
クリックで拡大
6月29日(日)福島競馬場
1R
前日3連敗中のオッズ3番人気を購入。
結果的中 配当220円
1700円→3740円
23520円を「1:3:9」に配分。
1800円:5400円:16320円
次は金丸法の1回目1800円で勝負。
2Rから11Rまでは3連敗以上の予想無し、よって見送り。
12R
3連敗中のデータマイニング予想1位を購入。
結果的中 配当190円
1800円→3420円
25140円!!!
ここで強者の戦略における歩兵での目標利益額1万円を突破(利益10840円)
しましたので今月の勝負終了です。
金丸法の1回目で的中する場合が多く、効率的とは言えませんが十分な成績と
いえるでしょう。
6月28,29日の成績
的中率=82%(9/11)
的中時平均配当=175円
利益=10840円

以上です。
目標達成までに使ったのは歩兵14300円のみ。
たとえ万が一、歩兵が全滅したとしても私には騎馬隊、本隊が控えています。
このように、戦略と戦術を分けて考えれば競馬は単純になります。
バカ高い競馬ソフト、カルトなインサイダー情報など怪しげな情報商材は必要な
いのです。

私の競馬必勝法9【[各論]競馬新聞を使う】

「競馬必勝法新聞だけで勝つ方法」
とタイトルをつけていながら新聞について全く触れずに数ヶ月がたちました。
JRA-VAN NEXTもオンライン新聞という意味では新聞なのですが、
本来の競馬新聞という意味では今回が初めての新聞についての記事です(笑)
【永遠なる諸葛孔明探し】
ネット上には多くの有料競馬予想配信サービスがあります。
私もギャンブルとしての競馬を楽しんでいた頃(ダイヤルQ2予想全盛の時代)、
何回か有料予想を利用したことがありますが、その全てがインチキ予想でした。
広告の高的中率、高回収率は、実は数多くいる予想家全体での成績だったり、
そもそも広告の成績自体が架空だったりします。
この場合、あなたが入会したその週から急激に成績は落ちます(苦笑)
また、有料予想の多くは8週間程度で一区切りつけます。
これはなぜだか分かりますか?
開催期間で分けているというのが表の理由ですが、
裏の理由は期間を区切ることにより別商品を生み出すことができるからです。
「今回は成績が悪かったので、あなたは特別に次期は半額で入会することが出来ます!」
「今期は成績が悪かったので、特別にプレミアムコースへの入会を認めます!」
あなたも経験があるのではないでしょうか?
別商品を割引、又は特別に提供することで、成績が悪かったことへの消費者の
感情を抑えるのです。
星の数ほどいる有料予想家の内、一人ぐらいは本物がいるのかもしれませんが、
広い中国で諸葛孔明を探し回るがごときです。
【すぐそばにいる諸葛孔明】
競馬を予想する上で必須のアイテムである競馬新聞ですが、多くの人は予想家
の印をあまり重視していません。
中には、予想家の印をポイント化しその合計を予想に利用している人もいます
が、ほとんどの人は馬中欄や調教欄、厩舎のコメントなどを主に利用する人が
多いようです。
あなたもその一人だと思いますが、これは実に勿体ないことだと思うのです。
格安とはいえ、競馬新聞の予想は有料の予想であり、その予想家は表に出て予
想する以上、一般人の予想成績を上回る結果を残さなければならない事情を抱
えています。
ネット上に多く存在する、「表に出てこないインチキ予想家」とは覚悟が違
います。
まして狙う馬券種が複勝だとしたらどうでしょうか。
◎○が3着以内に入らないレースが沢山あるようでは、おそらく翌開催からそ
の予想家は欄外に消えることでしょう。
厩舎の情報、調教の情報をリアルタイムに知ることが出来、かつ、一般人より
多くの時間を競馬の予想に当てているであろう競馬新聞の予想家は、格安で雇
える最良の武将の一人といえるのです。
前回説明したように、的中率30%以上、的中時平均配当150円以上の競馬
新聞の予想家を多く雇い入れることによって、あなたはより的中確率の高い勝
負機会を見つけることが出来るようになります。
一人でも多くの武将を見つけ出し、傘下に加えるようにしましょう。
【良い競馬新聞予想家の見つけ方】
新聞はスポニチ、ニッカンなどのスポーツ紙でもかまいません。
とりあえずあなたが普段利用している競馬新聞の予想家の複勝成績について、
最低1ヶ月は的中率、的中時平均配当を研究して下さい。
もちろん、時間とお金に余裕のある人は多数の競馬新聞で研究されることをお
すすめします。
繰り返しになりますが、雇い入れる武将が多ければ多いほど「レアケース」が
増え、より的中確率の高い予想を選択することが出来ます。
面倒ですが、この研究過程における一覧表作りが、競馬を投資として勝負して
いくための礎になります。
株式投資におけるチャート作成のようなものですので、気合いを入れて頑張り
ましょう。
これからあなたにお見せするのは、先週6月22日の「競馬ブック」と「一馬」
の予想家成績表です。
私は主にこの2紙を長年見てきていますが、
競馬ブックは穴馬予想家が少なくオーソドックスな紙面、
一馬は一人、二人穴予想家を入れて楽しい紙面
にしているようです。

上記は、先週6月22日福島競馬場2日目開催の「競馬ブック」トラックマン
の予想結果です。
的中率30%未満、的中時平均配当150円未満はブルーで表示しています。
この表を見ると、
田村さんは本命は手堅く予想する一方で、対抗には結構穴馬を持ってきている
ことが分かります。
吉田さんは本命は穴を狙う一方で、対抗は手堅くまとめていることが分かります。
本紙的立場の松本憲さんは、非常に手堅い予想家であることが分かりますね。
競馬ブックの場合、この他にも欄外に「スタッフ予想」「各種指数による予
想」「関西担当スタッフ予想」などもあるので、これらの予想を利用しても良
いでしょう。
今回はとりあえず上記の7人の予想家の◎○から、優れている予想家をピック
UPします。

上記は、的中率、的中時平均配当などから良さそうな予想家を5人(5個)ピ
ックUPした一覧です。
もちろん、5人にしぼりきれなければ多くの予想家を配下においてもよいです
し、逆にもっと絞ってもよいです。
今回は絞りきれなかったので6個ピックUPしました。
さすが最も売れている競馬専門紙だけあって予想家の成績はさすがの一言です。
今回は1日の予想結果から判断しましたが、あなたはできるだけ長く(最低1
ヶ月)は成績表を作り続けて判断して下さい。
続いて、一馬のトラックマン予想家複勝成績について見ていきましょう。

うーん、先週の日曜日は皆さん苦戦だったようです。
特に庄司さんはかなり優秀な予想家の一人なのですが、結果を見る限りイマイ
チです。
この的中率、的中時平均配当を踏まえ、一馬も競馬ブック同様、優秀な予想家
を5人(5個)ピックUPします。

競馬ブックの上位予想家陣に比べるとイマイチな感が否めませんが、本紙成績
が安定しているのはさすがです。
では、これらピックUPした優秀な予想家陣を利用してどのように戦うのか具体
的に解説してゆきましょう。

私は普段自分では予想をしないので、「自分の予想」は抜かし、競馬ブックと
一馬からピックUPした優秀な予想家10人と先週日曜日のデータマイニング
予想着順予想結果を一覧表にしてみました。
もしあなたが優秀な複勝予想家であったならば、上記一覧にあなたの予想結果
も加わります。
この一覧表から戦い方を決めます。
例えば、資金10万円で強者の戦略+強者の戦術をとる場合、
まず資金を「1:2:4」に配分
歩兵 :14300円
騎馬隊:28600円
本隊 :57100円
歩兵14300円を金丸法で運用。
よって、資金をさらに「1:3:9」に配分。
1100円:3300円:9900円
強者の戦略によって資金配分は決まりました。
次に戦術面です。
強者の戦術である3連敗中の予想家は、一馬の本紙◎とデータマインイング
予想3位の2人です。
このうち、データマイニング予想3位は現在7連敗中であり、「レアケース」
の度合いが一馬の本紙より高いようです。
そこで、28日(土)福島競馬場1Rのデータマイニング予想3位に1100円
を投資して合戦開始です!
このように、各競馬新聞のトラックマン予想家複勝成績を最低1ヶ月間はチ
ェックして優秀な武将を配下に置いて戦います。
今回は、たった1日の成績で判断していますが、あなたも普段使っている競馬
新聞で同様の一覧を作ってみて下さい。
成績表作りを1ヶ月続けることにより、複勝で使える予想家、使えない予想家
が分かってきます。
さらに、「的中不適中の流れ」というものも自然と見えてくるのです。
次回は、優秀な予想家である「オッズ」について解説してゆきたいと思います。

私の競馬必勝法8【[各論]JRA-VANを使う】

前回更新から一週間がたちました。
あなたの予想をノートにまとめ、複勝的中率、的中時平均配当について
研究してみたでしょうか?
出来ればこのまま1ヶ月は研究を続けてみて下さい。
人それぞれ、色々感じたことはあるかと思いますが、大きく分けて2つの問題
点を感じられた人が多いかと思います。
<問題点その1>
複勝3連敗又は5連敗することが無く、強者の戦術、弱者の戦術が採れない。
勝負機会が少ない。
<問題点その2>
的中時平均配当は150円をクリアするものの、配当150円以下の的中も多い。
問題点その2については後日【オッズを使う】の段で説明しますので、
今回は問題点その1の解決法について解説したいと思います。
【優秀な武将を雇う】
問題点その1「勝負機会が少ない」という点について。
1日12レース、3会場併せても36レースしかない中央競馬において、複勝
3連敗又は5連敗する状況というのは少ないものです。
せいぜい1会場1日1,2回勝負機会があるかないかといったところでしょう。
例えば、5連敗後に金丸法をスタートし、歩兵、騎馬隊は架空投資という弱者
の戦術+弱者の戦略を採用した場合、実資金で勝負するまでには相当の時間を
必要とします。
下手したら数週間勝負機会がない。
なんてこともあり得ます。
そこで、少しでも勝負機会を増やすための方策が必要となります。
ここで少し考えてみて下さい。
あなたならどうやって的中率及び的中時平均配当を維持しつつ勝負機会を増や
しますか?
・・・
毎回答えが単純で申し訳ありませんが、
的中率30%以上、的中時平均配当150円以上の予想家を多く雇えばよいのです。
例えば、
クリックで拡大
この場合。
あなたと予想家Bの予想は今日絶好調で、長い連敗をしていませんが、予想家
Cの本命は6R終了時点で3連敗、8R終了時点で5連敗中です。
そこで、
強者の戦術なら7レースから金丸法をスタート(図中赤線)
弱者の戦術なら9レースから金丸法をスタート(図中青線)
させます。
このように、的中率、的中時平均配当が高い予想家を多く雇えば雇うほど「レ
アケース」の純度が増し、勝負機会も増えてくるのです。
ただし、予想家を雇うと言ってもバカ高い有料予想や、競馬ソフトが必要なわけ
ではありません。
これから数回に分けてお金があまり掛らない優秀な予想家陣について解説して
ゆきますのでご安心下さい。
【優良予想家:JRA-VAN NEXT】
JRA-VAN NEXTとは、中央競馬のデータベースサイトJRA-VANが提供する、
出馬表や開催当日のオッズなどをリアルタイムで表示する、ネット競馬新聞ソフトです。
この「JRA-VAN NEXT」のサービスには、JRA-VANの膨大な
過去の成績データの統計に基づいて全着順を予想する、人工知能を使ったデー
タマイニング着順予想というものがあります。
(※データマイニングとは
クリックで拡大
この図の赤矢印部分がデータマイニング着順予想です。
このデータマイニングによる着順予想を複勝予想に活用します。
クリックで拡大
これは、先週東京競馬場の7日目(土曜日)、8日目(日曜日)のデータマイ
ニング順位予想の複勝結果です。
先週は予想順位1位の的中時平均配当が低いのがイマイチですが、データマイ
ニング予想順位1,2,3位の複勝成績はかなり優秀であることが分かります。
私はJRA-VANネクストのサービス開始当初から、このデータマイニング
予想を利用していますが、データマイニングの予想順位1位から3位は複勝的
中率30%前後を維持しています。
的中時平均配当も150円~200円前後を維持しており、月額840円とい
う低い利用料にもかかわらず、かなり優秀な予想家です。
この、JRA-VANネクストのデータマイニング1位予想、2位予想、3位
予想を利用することにより、
・あなた(※的中率30%以上、的中時平均配当150円以上あれば)

JRA-VANネクストの
・1位予想
・2位予想
・3位予想
という優秀な4人の武将を、あなたは傘下に加えたことになります。
次回は、さらに多くの名武将をあなたの下に馳せ参じさせる手法をお教えいたします。

私の競馬必勝法7【[各論]あなたの予想を使う】

まず初めに、強者の戦術、弱者の戦術についてのおさらいです。
競馬は理論上独立試行によるゲームであり、株で言うところのランダムウォー
ク理論が当てはまるはずである。
しかし、私は競馬を従属試行によるゲームと捉えており、株で言うところのチ
ャート分析同様、過去の的中不適中で予想することは可能であると考えている。
そこで、具体的には、
負けるリスク覚悟である程度大胆に勝負回数を増やすのが強者の戦術であり、
「複勝予想が3連敗した時点で金丸法をスタートさせる」
リスクを踏まえ、勝負レースを徹底的に厳選するのが弱者の戦術であり、
「複勝予想が5連敗した時点で金丸法をスタートさせる」
以上が、私の考える戦術でした。
株式投資におけるチャート分析というものは、典型的な従属試行を基礎とする
理論で、過去の株価の変動を基に、将来株価が上がるか下がるかを予想します。
その数あるチャート分析理論の一つに「ポイント・アンド・フィギュア分析
法」という、株価が上がったら○株価が下がったら×といった具合に一覧表を
作り、その変化で株価を予想するという理論があります。
詳細な説明は、株に関する書籍に譲るとして、私の戦術はこの「ポイント・ア
ンド・フィギュア分析法」理論を超簡略化したものです。
ここで、私の戦術について、あなたが不思議に思うであろう点を解説します。
疑問1.なぜ強者の戦術では「3連敗」した時点で金丸法をスタートするの
か?
これは、的中率のリスクを考えているからです。
複勝的中率が30~40%以上ある人は、3回に1回は的中する確率のため、
基本的に3連敗しにくいはずです。
もし、3連敗したとしたらその時点で「レアケース」ということになります。
そこで、この「レアケース」になった時点で金丸法をスタートさせれば、3連
敗する確率はかなり低いだろうという理屈です。
疑問2.なぜ弱者の戦術では「5連敗」した時点でスタートするのか?
これは、的中率のリスクだけではなく、的中間隔についてのリスクも考え
ているから
です。
例えば、複勝的中率が30~40%だったとしても、
○○○×××|××××
という的中間隔の場合、確かに30%の的中率ですが、3連勝後7連敗してお
り、強者の戦術で「|」から金丸法をスタートしても3連敗してしまい的中を
拾えません。
しかし、これが弱者の戦術では的中を拾えることになります。
○○○×××××|××○・・・3回目で的中
もちろん、これは「超レアケース」ですが、とにかく破綻を避けなければなら
ない弱者にとっては、このような慎重なレース選びというものが必要となるの
です。
資金の潤沢な強者は、強者の戦略を使い、強者の戦術で大胆に
資金の少ない弱者は、弱者の戦略を使い、弱者の戦術で慎重に
戦うのがベストです。
【あなたの予想を使う】
あなたは普段競馬予想をする際どのような理論を使っていますか?
スピード指数?データマイニング?血統?サイン?馬中欄と調教欄で判断?
先日も言ったように、これらのミクロ的な観点からの競馬予想術は、私にとっ
て武器に過ぎません。
正直な話、どれを選んでもかまいません。
とにかく、
・的中率30%以上
・的中時平均配当150円以上
の予想術であればなんでもOKです。
これは、馬券種でも同様です。
単勝、枠連、馬連、ワイド、3連単
どの馬券種であろうと、
的中率30%以上、
的中時平均配当150円以上
であればOKです。
ここら辺が元祖金丸法と私の考える新金丸法の違いです。
元祖金丸法の条件は、
・勝負するのはメインレースや重賞レースのみ、
・購入する馬券種は複勝、
・狙う馬券は単勝人気3番人気以内、
という決まりがありますが、
私の新金丸法の条件は、
・的中率30%以上、
・的中時平均配当150円以上
これだけです。
そこで、まずあなたに新金丸法を適用できるだけの予想力があるのか調べる必
要があります。
とりあえず、実資金を賭けずに1ヶ月分のあなたの予想の成績データを集めて
みましょう。
あなたは普段、高配当を狙いすぎて外れるだけで、複勝だったら
的中率30%以上、
的中時平均配当150円以上
なんて簡単にクリアできるだけの予想力を持っている人かもしれません。
では、まずノートと鉛筆を用意して下さい。
もしあなたが普段、馬連と3連単を主に利用している場合、
・複勝
・馬連
・3連単
の的中率と的中時平均配当を検証してみます。
馬連、3連単は、購入点数が多い場合と少ない場合に分け、さらに、複勝は自
分の予想の本命と対抗について調べます。
keiba.jpg
上記の表の場合、的中率、的中時平均配当のバランスが優れているのは、複勝
の対抗と馬連20点買いです。
どちらを利用しても良いのですが上記の例の場合、購入する馬券が多いと、締
め切り時間に間に合わないことも予想されるので、予想がより簡単な複勝の対
抗を選ぶことをおすすめします。
このような検証を経て、最終的に自分が金丸法を運用する武器を見つけること
になります。
最低1ヶ月は実資金を賭けずに検証して下さい。
ひょっとすると、あなたは的中率60%以上、的中時平均配当200円以上の
複勝のプロであることが判明するかもしれません。
逆に、的中率30%以上、的中時平均配当が150円以上の条件を満たさない
予想力であった場合は、残念ながら他の予想手段を探すことになります。
そこで次回、強力な予想手段である「JRA-VAN NEXT」を使った戦い方について
解説したいと思います。
(今回長くなってしまいましたので更新予定を変更しました)

私の競馬必勝法6【独立試行従属試行】【強者の戦術弱者の戦術】

【独立試行、従属試行】
今日はあなたに真実をお伝えしなければなりません。

















































こちらの記事は会員登録していただくことでご覧いただけます。詳しくはこちらをご覧ください。
>> ログインする
>> 会員登録をする

私の競馬必勝法5【弱者の戦略】

今日は弱者の戦略について説明していきたいと思います。
あなたは1万3千人を率いる真田幸村だと思って読み進めて下さい(笑)
おさらいになりますが、金丸法の最大の弱点は、
3回に1回複勝を当てるのはそうそう簡単ではない。
つまり、戦術を駆使することにより40%程度の高複勝的中率を確保したとしても、
3連敗する確率は、
0.6の3乗≒21%
5回に1回の確率で3連敗してしまうことになります。
金丸法は転がりそうで転がらない。
これが金丸法の最大の問題でした。
そこで、強者の戦略では、資金を3分割して金丸法の破綻確率を減らすとともに、たとえ
1,2度破綻したとしても、資金配分に「1:2:4」の強弱をつけることによって負け
分を取り戻しリスクを回避しました。
では、資金が少ない弱者はどのような戦略をたてればよいのでしょうか。
例えば、
・資金13,000円
・複勝的中率約40%程度
・的中時の複勝平均配当は1.5倍以上
であった場合。
あなたならどうやって運用しますか?
・・・
答えは単純で、「強者の戦略」の「本隊」のみで戦えばよいのです。
強者の戦略と同じように資金を配分するというのも一つの手ですが、私なら兵力を一点に
集中させて一点突破をはかります。
なぜなら、むやみに資金を分割したとしてもリスクの割に資金があまり転がらず、効率が
悪いからです。
しかし、資金を一点に集中し、全額13,000円を普通に金丸法で運用していたのでは
金丸法の弱点を克服できず、5回に1回の割合で破綻が訪れてしまいます。
そこで、強者の戦略同様に資金を分割したと想定し、歩兵、騎馬隊は机上の勝負をするの
です。
歩兵  :     0円
騎馬隊:     0円
本隊  :13,000円
強者の戦略同様に歩兵、騎馬隊を金丸法で架空運用。
歩兵、騎馬隊が全滅した場合(金丸法で2回連続失敗した場合)に初めて実資金である本
隊を動かします。
本隊13,000円を金丸法で転がします。(資金配分1:3:9)
本隊の目標回収率は140%、具体的には利益額5,200円です。
金丸法で運用し、利益が5,200円以上出たら、つまり18,200円以上まで転がっ
たらいったん勝負終了。
歩兵での架空運用に戻ります。
そして、再び歩兵、騎馬隊が全滅したら(金丸法で2回連続で失敗したら)、実資金であ
る本隊を動かします。
本隊18,200円を金丸法で転がします。(資金配分1:3:9)
本隊の目標回収率は143%、具体的には利益額7,800円です。
金丸法で運用し、利益が7,800円以上出たら、つまり26,000円以上まで転がっ
たらいったん勝負終了。
この時点で総資金がスタート時の倍になりましたので初期投資額の13,000円をプー
ルして下さい。
これであなたは競馬で負けなかったことになります。
あとは残りの13,000円で好きなだけ勝負を続けて下さい。
あれ?
強者の戦略は7ヶ月後に初期投資額を回収できたのに対し、弱者の戦略は2ヶ月で初期投
資額を回収できてる???
と思うかもしれませんが、弱者の戦略は、
「2ヶ月」ではなく、「2回」の勝負で初期投資額を回収している
のであって、歩兵、騎馬隊が全滅してから本隊を動かすため結構時間はかかります。
歩兵、騎馬隊がなかなか全滅しない予想力のある人は、下手をすると一生勝負機会がない
かもしれません(笑)
ここら辺は、リスクに対する考え方によって人それぞれ戦略をアレンジすることが出来ます。
自分は13,000円なんてたいした額ではない。
と考える人であれば、歩兵が全滅した時点で本隊を動かしても良いでしょう。
ただし、13,000円なんてたいした額ではない。と考える人はリスクを抑えながら歩
兵、騎馬隊でコツコツ転がすことができる「強者の戦略」をとった方が私は良いと思います。
以上が「弱者の戦略」です。
弱者の戦略では全然儲からないじゃないか!
と考える人もいるかと思いますが、動かせる資金が少ない以上仕方がありません。
雪だるまを作っていると思って少しずつ少しずつ転がし、最終的には「強者の戦略」をと
れるように頑張りましょう。
2週に渡って「強者の戦略」と「弱者の戦略」を考えてきましたが、これらの戦略を支え
ているのは複勝的中率30から40%前後の「戦術」です。
次回は、複勝で勝つための「戦術」について解説してゆきたいと思います。

私の競馬必勝法4【強者の戦略】

今日はいよいよ強者の戦略について解説してゆきますが、その前に、金丸法の最大の弱点
についてお話ししておきたいと思います。
金丸法の最大の弱点
それは、
3回に1回複勝を当てるのはそうそう簡単ではない。
ということです。
先日話したとおり、全く予想せず、運のみで複勝馬券を買った場合の的中率は、
18頭立ての場合6分の1つまり約17%程度です。
後にお話しする戦術を駆使することにより40%程度の複勝的中率を確保したとしても、
3連敗する確率は、
0.6の3乗≒21%
です。
つまり、5回に1回の確率で3連敗してしまうことになります。
金丸法は転がりそうで転がらない。
これが金丸法の最大の問題です。
これを踏まえた上で、
ここからが強者の戦略についての説明です。
あなたは10万人を率いる徳川家康だと思って読み進めて下さい(笑)
前提として、
・資金は10万円
・的中率は後日お話しする戦術を駆使して40%程度
・的中時の複勝平均配当は1.5倍以上
・目標とする金額(回収率)110%/月
であった場合。
まず、資金10万円を7等分し、
「1:2:4」
に配分します。
歩兵  :13,000円 (割合10%)
騎馬隊:26,000円 (割合20%)
本隊  :61,000円 (割合40%)
はじめに、歩兵13,000円を金丸法で転がします。(資金配分1:3:9)
歩兵の目標回収率は180%、具体的には利益額10,000円です。
金丸法で運用し、利益が10,000円出たら、つまり23,000円まで転がったら
10,000円プールします。(イーストコーストプログレッションの考え方)
この時点で総資金は11万円。
目標回収率110%/月に到達したのでその月の勝負を終了します。
もし5回に1回あるであろう3連敗してしまい、歩兵が全滅したら騎馬隊を繰り出します。
騎馬隊も歩兵と同様、26,000円を金丸法で転がします。(資金配分1:3:9)
騎馬隊の目標回収率は、150%、具体的には利益額13,000円です。
金丸法で運用し、利益が13,000円出たら、つまり、騎馬隊が39,000円まで転
がったら13,000円をプールします。
これで全滅していた歩兵分が復活しましたので、スタートに戻り歩兵で勝負します。
もし5回に1回あるであろう3連敗してしまい、騎馬隊が全滅したら本隊を繰り出します。
本隊もこれまで同様、61,000円を金丸法で転がします。(資金配分1:3:9)
騎馬隊の目標回収率は、164%、具体的には利益額39,000円です。
金丸法で運用し、利益が39,000円出たら、つまり本隊が100,000円まで転が
ったら39,000円をプールします。
全滅していた歩兵分と騎馬隊分が復活しましたので、スタートに戻り歩兵で勝負します。
以下繰り返し。
翌月は、11万円を「1:2:4」に分割して同様に勝負します。
歩兵  :15,700円 (割合10%)
騎馬隊:31,400円 (割合20%)
本隊  :62,900円 (割合40%)
総資金が110%(1.1倍)になったら2ヶ月目の勝負も終了。
100,000円×1.1倍×1.1倍×1.1倍×1.1倍×1.1倍×1.1倍×1.1倍≒194,800円
スタートして7ヶ月を経過した時点で総資金がスタート時の倍、約200,000円になります。
この時点で初期投資額の100,000円をプールして下さい。
これであなたは競馬で負けなかったことになります。
あとは、好きなだけ勝負を続けて下さい。
以上が「強者の戦略」です。
つまり、歩兵で目標とする月間回収率110%/月を目指し、騎馬隊、本隊は前線が破ら
れた場合のバックアップ資金となります。
歩兵の目標回収率は、約180%。
騎馬隊の目標回収率は、約150%。
本隊の目標回収率は、約160%。
いずれも金丸法においては非常に現実的な目標回収率で、数回金丸法で転がれば十分にク
リアできる目標ラインです。
一気に本隊までやられてしまう可能性は、
3連敗する確率21%の3乗≒0.0093
約1%、つまり100回に1回しかありません。
今回は月間の目標とする利益額を10%に設定しましたが、8%、5%、3%という具合
に低く目標ラインを設定すれば更にその月の破産リスクは低くなります。
目標利益額月間8%の場合・・・8,000円
歩兵の目標回収率・・・約162%
目標利益額月間5%の場合・・・5,000円
歩兵の目標回収率・・・約138%
目標利益額月間3%の場合・・・3,000円
歩兵の目標回収率・・・約123%
歩兵の目標回収率が下がれば当然早くその月の競馬をやめることができ、その月の破産リ
スクが低くなるのです。
逆に、目標とする利益額を高く設定すれば月の破産リスクが高まりますが、早く転がるこ
ととなり、初期投資額を早く回収することができ、競馬そのものにに対する破産リスクが
低くなります。
ただし、目標利益額を高く設定するにしても低く設定するにしても、目標回収率が変化す
るのはあくまで歩兵のみです。
騎馬隊、本隊は、万が一前線が破られた場合のバックアップですので目標回収率をできる
だけ低く設定し、安全性を高めておく必要がある点に注意して下さい。
<「強者の戦略」考え方のまとめ>
強者の戦略は、「必勝法」ではなく100回に1回は破綻が生じる戦略です。
その100回に1度の不幸がおとずれる前に初期投資額10万円をプールしてしまえばあ
なたに負けはなくなります。
月の目標利益額を高く設定し、早く転がして初期投資額10万円を早く回収するのがよいか、
月の目標利益額を低く設定し、破産リスクそのものを少なくするのか、
これら目標利益額の設定は人それぞれの性格によって異なります。
迷う人も多いかと思いますが、自分の性格にあった方を選択して下さい。
ただし、あまり冒険的な目標利益額を設定してはいけません。
月の目標利益額上限は200%以内にすることをおすすめします。
また、
目標利益額に到達したら必ずその月の勝負はやめて下さい。
「利益が出たら勝負をしない」これこそが強者たる者の戦い方です。
孫子曰わく、
 凡そ用兵の法は、国を全うするを上と為し、国を破るはこれに次ぐ。
 軍を全うするを上となし、軍を破るはこれに次ぐ。
 旅を全うするを上となし、旅を破るはこれに次ぐ。
 卒を全うするを上となし、卒を破るはこれに次ぐ。
 伍を全うするを上となし、伍を破るはこれに次ぐ。
 是の故に百戦百勝は善の善なる者に非ざるなり。
 戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり。
以上が強者の戦略ですが、競馬にそんなにお金を賭けられないという人も多いでしょう。
そこで、次回は多額の資金を競馬に投資できない人のための「弱者の戦略」について解説
したいと思います。
次回・・・【地上最強の戦略】その3.弱者の戦略。